追跡番号もあてにならない

お客様からご予約をいただいてオーダーして制作していただいたぬいぐるみが今どこにあるのか全くわかりません。カリフォルニアのデザイナーさんが26日にUSPSで発送してくださいました。普通なら10日くらい、つまり今頃には届いているはずなに…追跡情報すら更新されない状態です。一体アメリカの物流はどうなっているのかとほぼ毎日頭にきているのが現状です。色々ネットで調べてみるとUSPSはこの時期荷物量が膨大なので、バーコード読み取りを省くことがあるそうです。えぇ??だってバーコードの読み取りなんて1秒もあれば終わるものなのに、なぜそんな大事な作業を省いているのでしょうか?本当に神経を疑う仕事のやり方です。結果送った人は荷物がどこにあるのかわからない、受け手だって同様に毎日不安になっているのに。誰かが仕事を1つさぼればどんな影響が後々でてくるのか、そうゆうことを考えて仕事をしてもらいたいものです。こうゆう状況に出会うと、日本の宅配便のシステムはどれほど優れているのかがよくわかりました。